長崎スケスケ展の立上げ

Aquarium Events

長崎スケスケ展の立上げ

家族のネコ ミュークの強制給餌サポートの都合で日帰りで長崎に行きます。
7:25分発 羽田空港→9:25分着 長崎空港
飛行機に乗る前に強制給餌サポートと点滴(人間で言うところの人工透析)を終わらせてなんとかギリギリで飛行機に乗り込みました。
東城も私もほとんど徹夜状態で寝る時間はありませんでしたが、そこは気合いで頑張りました。

10:30には現地に入ることができました。
さすが長崎歴史文化博物館、趣のあるステキなところです。

スケスケ展の中に「アクアスケスケ」と言う企画があり、そこで今回TOJOでは「クラゲ水槽」「ガラスの殻を背負ったヤドカリ水槽」「トランスルーセントグラスキャット水槽」を協力することになりました。
スケスケ展 公式ホームページ
Aquarium TOJO Family Team 長崎の山崎代表と湯田代表、鹿児島の山内代表にご協力頂いています。
(詳しい立上げの様子はTOJO MEDIA 、東城久幸blogにUPしています。)

私はトランスルーセントグラスキャット水槽を担当しました。
前の日にギャラリーから流木と水草(アヌビアスナナとカボンバ)をトリミングして袋詰めして持って行きました。

今日は魚は入れませんが、この水槽にはトランスルーセントグラスキャットが100匹入るので、どんな風にスッキリレイアウトすれば魚が気持ちよく泳げるかを想像しながらレイアウトしてみました。

この水槽は底面式フィルターを使用しています。
ポンプのパイプをアヌビアスナナで巻き込み、トランスルーセントグラスキャットの透明感をより強く出すためにグリーンで高さを出してから今回の企画は普通の水草水槽と違うので、空間との対比を大切に全体の流れをイメージして作りました。

こちらはガラスのヤドカリが入る水槽です。

魚やヤドカリ、クラゲが入った様子は現場から画像が届き次第、記事にしたいと思います。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。