大好きなものに囲まれる生活、その時の気分で少しずつ変わっていく大切なことや、楽しんでいることを書き残しています。毎日をほんのちょっと丁寧に。 〜東城幸恵〜

“小さないのちのスペシャリスト”

私は、アクアリウムレンタルという仕事をしています。
12年間造形美術を学び、昨今では水上部分にアーティフィシャルフラワー(リアルに作られた造花)を使い、他に類を見ない作品を手掛けています。
誰もが絶賛する"ベストアワード"という作品は、私と夫である東城久幸とで創り上げた他では見られない自信作です。
しかし、私はそこで泳ぐ小さな魚達のいのちを一番大切に考えています。
小さないのちがのびのびと優雅に泳ぐことで、この作品は真の癒しを感じるものになります。
是非、吊りイスに揺られて心地いい水の音、水面が揺らめく水景を眺めて見てください。
それは、まるでファンタジーの世界にいるような今まで感じたことのない癒しと感動を体感できます。
そして、日々の疲れた心を癒す事ができれば、人にも動植物にも優しい世の中になると私は信じて制作しています。

「Aquarium TOJO」では、通常のアクアリウムではなく、水上部分にアーティフィシャルフラワーを使用した“フレグランス”と呼ぶ技法が存在いたします。
そのフレグランスから水槽の外側にも景色を作り、かわいいフィギアをコラボさせる作品を“フレグランスファンタジー”と私が名付けました。
東城久幸と東城幸恵は、そのフレグランスファンタジーをさらに進化させ、イベントなどでもゴージャスで大迫力の“ベストアワード”を生み出しました。
その作品も常に進化し、テール状に伸びたディスプレイを“ベストアワードミューク”と命名いたしました。
今後さらにこの作品を進化させていきたいと考えています。

通常のアクアリウムは、魚が主体で景色にはあまりこだわる事がありません。
TOJOでは、自然の景色を切り取ったような魚達も、安心して泳げるディスプレイを大切に考えています。
ディスプレイには四つの基本を設け、高さ、奥行き、魚の泳ぐスペース、そして一番大切なのが魚が安心して隠れるスペースなのです。
私達は、小さな命を大切に考えています。
それを出来る人に、水景デザイナーの認定資格を発行しています。

東城久幸が、色鉛筆に心を込めて描き上げた絵本「シロコリぽんたの大冒険」が、ついに発売となります。
私達は、その発信元に“ぽんたオフィス”と名付けました。
そのぽんた関連のことを、ここにまとめていきたいと思います。